東海大学医療技術短期大学
HOME
東海大学 九州東海大学 北海道東海大学 東海大学医療技術短期大学
東海大学短期大学部[高輪] 東海大学短期大学部[静岡] 東海大学福岡短期大学
航海日誌 航海の全航跡
研修の目的 スケジュール 寄港地 望星丸 研修生に向けて 研修団 過去の研修航海 募集要項
 HOME>航海後記
航海後記
1班|2班3班4班5班6班7班8班9班10班11班12班13班
和氣 護(東海大学工学部土木工学科)
この海外研修で得たもの
この海外研修航海で得たものは、かけがえのない仲間です。仲間と42日間、寝食を共にし、行事で協力しあい、数々の寄港地を廻ることで絆が深まりました。また、仲間からたくさんの刺激を受けて自分が成長できたと思います。船上交流会で苦労したことも大きかったと思います。苦労をした分、船上交流会が成功したときの大きな感動を得ました。
帰港後の生活における新たな決意
この海外研修航海で、僕は初めての海外へ行きました。海外の人々の文化、自然、景色を肌で感じて「もっと多くの国を旅したい」と思いました。海外へ行けるチャンスは学生の時だけなので、これからどんどん世界へ旅をしたいです。自分の夢は警察官です。「警察官になりたい」のではなく「警察官に自分はなる」と意識が変わりました。夢に向かって一直線に頑張ります。
山﨑 敦仁(東海大学海洋学部水産学科)
この海外研修で得たもの
目標が見えた。こうなりたいという自分の中の理想とする人物が集まっていたので、その人のような人生を歩んで、さらにはその人を追い抜きたい。今まで目の前のことだけをこなしていたように思うが、これからは今やる目標を将来に繋げていけるよう頑張りたい。
帰港後の生活における新たな決意
帰港後も自分の体と心に耳を傾けて、浮き足立つことなく、しっかりと将来を見ていきたい。早寝早起きは今までどおり実行する。夜のダラダラした時間は、やっぱり内容が薄いように思ったから。あと両親にお礼を言う。恥ずかしいけれど。
松浦 洋介(北海道東海大学芸術工学部くらしデザイン学科)
この海外研修で得たもの
共に過ごした仲間。42日間という短い期間にもかかわらず、一日一日非常に濃い時を過ごし、同じご飯を食べ、同じ生活をし、同じ行動をした仲間は一生の宝になるだろう。本当にこの研修メンバーに出会えてよかった。
帰港後の生活における新たな決意
現時点で何かしたいことがあるわけではない。しかし、この研修航海で学んだSEAMAN’S SHIPの精神や協調性は、帰港後すぐに日常生活に表れてくるだろうと思う。
加藤 章太(東海大学海洋学部海洋資源学科)
この海外研修で得たもの
今までの生活で私が見てきたものとはまったく違う文化や歴史を体験し、自分自身を少しは成長させることが出来たと思う。そして普通とは違う42日間の船上生活で、自分の新たな一面などを知ることができた。なによりもかけがえのない仲間と出会うことができた。
帰港後の生活における新たな決意
今まで私は、日本から一歩も出たことがなかった。それは日本語が通じないという恐怖や、それを自分自身のカベとして心の中に作ってしまっていたからだと思う。しかし、今回の航海で自分のほとんどない語学力でも、どうにかこうにか自分の気持ちが伝わることが分かった。ただ、本当に伝えたい気持ちを伝えることができなかったので、これからはもっと語学力をつけて自分が今思った気持ちを伝えられるようになりたい。
松本 賢也(東海大学海洋学部海洋文明学科)
この海外研修で得たもの
お金で買えない価値。そして一生の友。寄港地で出逢ったたくさんの人や出来事は私の心を興奮させ、数々の感動を与えてくれた。慣れない船内生活が一生の友を作る環境となり、二度と経験できない思い出をたくさん創り出してくれた。だが、これらは全て自分のやろうとする気持ちが前提であり、その結果、最高の結果となった。自分から活動することは勇気がいる。だが、その一歩を踏み出す勇気と覚悟が次のステップに繋がる。私はその勇気と、迷っている時に背中を押してくれた友がこの航海で最高の宝物だと思っている。
帰港後の生活における新たな決意
ポンペイのナマンドール遺跡やリフー島のロンガニビーチといった心から興奮できる場所に行ったことで、近いうちに日本一周をしたいと思う。いずれは世界一周をしたいのだが、まずは自分の国、日本を廻って心から感動できる場所、モノに出逢いたいと思う。もっと自分の気持ちに素直に応えたい。そして、何事も率先して動きたい。やりたいと思ったことは何でもしたい。そうすれば、どんどん楽しくなっていくと思う。この研修から始まることもあると思う。
松永 健太郎(東海大学電子情報学部コンピュータ応用工学科)
この海外研修で得たもの
聞いたことのない島へ行きその生活や文化を目の当たりにしたことから、日本人が見習うべきことや日本人が教えてあげなければならないことが沢山あることに気付いた。そういうことを知ることができて成長できたと思う。しかし、一番得られたものは友達だ。一生の付き合いになりそうな友達が出来たし、友達に成長させられた部分が多くあった。
帰港後の生活における新たな決意
研修中は朝早く起き、朝日も見た。それはとてもキレイだったが、日本で見たことないだけで、日本でもキレイな朝日や夕日は見られると思う。日本に帰っても朝日を見たい。あとは、常に共同生活しているんだということを陸の上でも忘れないことが大事だ。目標になるような人に船上で会えたので、その人に近づけるようにこれからも努力していく。
露木 雄介(東海大学政治経済学部経済学科)



























1班|2班3班4班5班6班7班8班9班10班11班12班13班
Copyright (c) Tokai University. All rights reserved.
ご利用案内 | プライバシーポリシー | 免責事項 | サイトマップ